完母で育った娘が離乳食を全く食べない...栄養不足にならないために

離乳食を受け付けない場合は、何らかのサインがあるかもしれません。

たとえば、まだ哺乳反射による動きが活発だったりとかだと、離乳食を進める時期ではありません。
ほかにも、離乳食自体が嫌いということが考えられます。
お粥やミキサーでトロトロにしたものを作ってあげると効果的です。

小さい赤ちゃんは母乳の味が忘れられません。
そのため、いきなり離乳食になると抵抗を受ける赤ちゃんは多いようです。

最初のうちは、甘いヨーグルトやドロドロの果物を試してみるといいかもしれません。
バナナ粥とか効果があった方もいたようです。

苦味や酸味が強い食べ物は基本的に赤ちゃんは受け付けません。
赤ちゃんに色々試してみるのが効果的です。

たとえば、色々な味付けをした離乳食を3つ置いておきます。
そして、赤ちゃんにスプーンを持ってもらい、どれに行くかを観てみる。
こうしていけば、次第に赤ちゃんの好みの味や食べ物の固さが分かるようになると思います。

確かに母乳だけだと、生後6ヶ月あたりでは栄養面が追いつかなくなるとも言われています。
そのため、母乳以外にも栄養のある食べ物を与える必要はあります。

よく貧血になる赤ちゃんを見かけます。
鉄分は意識的に摂るようにさせたほうがいいかもしれません。

赤ちゃんが離乳食を食べてくれる日はきっときます。
ですので、気長に待っていればいいですよ。