完母9ヶ月の赤ちゃんがおっぱいを拒否!栄養不足が心配...

完母9ヶ月の赤ちゃんがおっぱいを拒否してしまった。
こんな経験をされている方も少なくありません。
すると、栄養不足になって発達が不十分にならないか心配になりますよね。

おっぱいを拒否された場合、どうすればいいのでしょうか?
これは、なぜ拒否をされたかの原因を知ることが大切です。
主な原因としては、
・感染症などの病気、鵞口瘡などによる口の痛み
・食道逆流などによる痛み
・鎮静剤の効果
などが考えられます。
まず、自分と赤ちゃんの健康面を気にしてみてください。

次に考えられるのは、授乳が上手くできなくなったという場合です。
こうなってしまう主な原因としては、
・哺乳瓶やおしゃぶりに慣れてしまって上手く吸えない
・正しい姿勢で母乳を与えていない
・赤ちゃんが吸うときに母親が乳房をゆすってしまう
・母親の体調がよくないため、母乳の出がわるい
・介助者が違っている
・母親とは違った感じを与える場合(香水やたばこなど普段の香りと違う)
などが考えられます。

授乳の正しい仕方は助産師さんなどから話を聞いて、マスターしておくことが大切です。
また、環境の変化にも敏感なのでこれらも意識しておくようにしてください。

9ヶ月ということなので、栄養面においてはそれまでにしっかり摂っていると思います。
離乳食をきちんとあげたりすることで、栄養面では大丈夫かと思います。
気になるのでしたら、授乳方法を変えてみたりするだけでも違ってきますよ。